タイの芸術・文化・創造

タイで就職したWEBデザイナーの日記

豊田通商が60周年を記念フェスティバル開催 2017-09-07

豊田通商(タイランド)株式会社が、60周年を記念して「豊通ジャパンフェスティバル」を開催します。

この会社は60年間、毎年トラクターやフォークリフトなど大きな機械の輸入とサプライチェーンマネジメントを行ってきました。収益の割合は、80%を自動車製品が、残りの20%を非自動車製品が占めています。また現地スタッフを積極的に採用しており、多くのスタッフが働いています。

現在のマネジメントチームは大場 清義(おおば きよよし)社長と、アヌータ・ジャオヴィシダ財務経理部長から成っています。
同社は事業の成長への期待を叶えるべく、日本からの輸入製品や豊田通商タイランドで製造された製品を中心に、消費生活製品分野に事業を拡大する準備をしています。
「豊通ジャパンフェスティバル」の間、同社は日本の主要ブランドを含む100以上の店を巻き込み、日本の生活用品を展示する予定です。
西川マットレスやスガハラガラス、10 mois(ディモワ)の赤ちゃん向けオーガニック製品、食の劇団の有機フルーツ、たち吉の陶器などの消費生活製品を購入できます。
消費者製品やファッション、旅行、枕、健康マットレス、インフルエンザ検査装置を含む多様な生活用品が一か所に集まるのは、このフェスティバルが初めてです。これらの生活の質を上げる生活製品は、タイの消費者と、タイの日系企業で働く日本人(現地採用や駐在員)や日本人移住者のニーズに応えます。このフェスティバルで生まれる総収益はおよそ3,000万〜4,000万バーツ(約1億円)になると期待されています。

現地採用
海外に進出した企業等が所在地にて生活する採用を行った社員のこと。日本採用の駐在員と比べると給料や待遇面では劣る部分が多いものの、(会社による違いはありますが)生活においての制約が少ない。

>タイで現地採用として働く際に登録した人材紹介会社会社を2つ紹介します。
https://kyujin.careerlink.asia/thailand
http://saiyo.co.th/

社長の大場 清義は、「私たちの会社は60年間事業を展開し、あらゆる県の学校に教育メディアを寄贈する『60周年−60学校プロジェクト』を通して、企業の社会的責任を果たそうとしています」と言いました。
「事業に関しては、私たちの唯一無二のスキルは自動車分野ですが、今後もサプライチェーンマネジメントに重きを置き、他の事業部門にも拡大していくつもりです。私たちの製品は市場での流通において最終製品ではありません。それよりも、市場で販売される最終製品の製造に用いられる装置が代表的です。」
「豊通ジャパンフェスティバル2017の計画は、私たちが消費者製品を扱う上での最初の一歩です。目玉である質の良い日本の消費者製品は、全ての家族の生活の質に対する消費者欲求を満たしてくれると、私たちは信じています。私たちの製品は子ども、働くティーン、家族のカテゴリーにも分類されています。」
アヌータ・ジャオヴィシダ財務経理部長は、「経営者そして豊田通商タイランドの3代目の後継者として、従業員の生活と世界情勢への配慮に関する会社の方針のおかげで、私たちの事業は従業員に恩恵をもたらし、タイ経済の発展に貢献してきたと言えます。」
「60年間の事業の中で、今回は私たちの製品とサービスは最も消費者の生活に近いです。豊通ジャパンフェスティバルは豊田通商グループや家族やタイ在住日本人が待ち望んでいる、最も楽しいイベントとして知られています。私たちはフェスティバルの2日間で50,000人の来場者を呼び込む狙いです。イベントでは膨大な量の日本の生活製品を取り上げます。」
「豊通ジャパンフェスティバル」は2017年7月29日、30日の間、サイアムパラゴンショッピングモール内のロイヤルパラゴンホールで開催されます。イベントについて詳細を知りたい方は、Facebookファンページ「Toyotsu Japan Festival」をフォローしてください。

超就職氷河期時代に大学を卒業したので、地元の中小企業の町工場しか就職先がありませんでした。あまり給料が高くない割には重労働だったので、1年働いた頃から夜間はWEBデザインの専門学校へ行き、WEBデザインのイロハを習得。町工場を3年務めた後は、上京して(といっても神奈川県川崎市ですが)今では有名なWEB制作会社に就職しました。始めは学生アルバイトと同じような待遇しかありませんでしたが、徐々に仕事が出来るようになってくると大きなクライアントを担当させてもらえるようになりました。そして海外のクライアント様(タイとシンガポールの日系企業)を担当するようになってから海外に興味が持ち始め英語を習得しました。32歳で退職し、1年間の放浪を経てタイでWEBデザイナーとして就職しました。
豊田通商が60周年を記念フェスティバル開催 へのコメントはまだありません

タイ観光省がより多くの日本人女性を招こうとしています。 2017-09-03

タイに訪れた際、日本人女性は男性と比べて平均5%多くの費用を消費しています。そのため、タイ観光・スポーツ省は、男性よりも多くのお金を消費する日本人女性観光客を呼び込む狙いです。

アサンプション大学が主催した【ビジネスと社会での女性のリーダーシップを強化する】というランチョンセミナーの中で、コブカン・ワッタナラクル観光スポーツ省長は、「日本人女性にとってタイをより魅力的に感じてもらうため、ムエタイ、瞑想、ショッピング、郷土料理や織物、さらには有機園芸などのアクティビティを推進していく」と宣言しました。
「タイ料理はその味と独特のスタイルから既によく知られているため、北東部の料理やイサーン料理を宣伝することは、外国人旅行者を魅了する面白い方法となります。イサーン料理の紹介はタイの観光業においてさらなる利益をもたらすでしょう」と語りました。
より多くの日本人女性にタイに来てもらい、イサーン料理を試してもらうことができれば、イサーン料理を楽しむ人が増え、食料販売業の活性化に繋がる可能性があります。

A post shared by Wakako Laynok (@malaco827) on


ワッタナラクル氏は、このような旅行の促進活動をより多く行うことで、タイを訪れる日本人女性を現在よりも30%増加させることができると確信しています。
今年は170万人の日本人観光客を獲得し、662億バーツの収入を得る見込みです。
タイ政府観光局(TAT)は、昨年、同国は、2015年比で4.1%増の163万人の日本人観光客を迎え、6.3%増の614億バーツの総収入を生み出したと語りました。
TATの調査によると、日本人旅行者の間で最も人気の旅行先は、バンコク、チョンブリー、プーケット、チェンマイ、アユタヤです。
コブカンさんは、同省は日本人観光客からも歓迎されている女性、特にタイの自然やおもてなしによって日々のストレスの癒しを求める重役などを惹きつけるため、数多くのキャンペーンを打ち出したと言います。
「日本人女性がもっとタイで過ごしたくなるような、様々なキャンペーンや遊びを組み込んだ、私どものツアーパックがもうすぐ出来上がりますよ!」彼女はそう言いました。

超就職氷河期時代に大学を卒業したので、地元の中小企業の町工場しか就職先がありませんでした。あまり給料が高くない割には重労働だったので、1年働いた頃から夜間はWEBデザインの専門学校へ行き、WEBデザインのイロハを習得。町工場を3年務めた後は、上京して(といっても神奈川県川崎市ですが)今では有名なWEB制作会社に就職しました。始めは学生アルバイトと同じような待遇しかありませんでしたが、徐々に仕事が出来るようになってくると大きなクライアントを担当させてもらえるようになりました。そして海外のクライアント様(タイとシンガポールの日系企業)を担当するようになってから海外に興味が持ち始め英語を習得しました。32歳で退職し、1年間の放浪を経てタイでWEBデザイナーとして就職しました。
タイ観光省がより多くの日本人女性を招こうとしています。 へのコメントはまだありません
カテゴリー: Made in JAPAN

買い物客の心に向かう道? 2017-08-30

東南アジアの大勢のファンの心を動かすことを期待して、ソーシャルメディアスターを起用する広告主がいます。

ソーシャルメディアスーパースターとの提携は、東南アジアの広告主の間で人気の戦略であり、情報を投稿する人に商品を提供することで、多くのファンが目にする機会の創出に役立っています。
ソーシャルメディアの「インフルエンサー」(社会に対して強い影響力を持つ人)の一人であるメリッサ・コーは、日本の山形県で過ごした2月の雪の日について、「見て、そこら中に魔法があるわ」と、インスタグラムに投稿しました。写真を共有できるこのサービス内の彼女のアカウントでは、コーの旅行やファッションチョイス、どこへ行き何を買うかの提案の希望などが随時投稿され、22万人以上のフォロワーの関心を集めています。

Look, there's magic all around ✨

A post shared by Melissa Celestine Koh (@melissackoh) on


事実、コーの日本の東北地方への旅行は、東南アジアをターゲットとした宣伝キャンペーンの一環として、全日本空輸(ANA)がスポンサーを務めたものでした。彼女が自身のアカウントで写真や動画を投稿したことで、キャンペーンが届く対象が広がったのです。ANAホールディングズの広告部署の計画に携わった職員によると、この方法は著しい成功を収めたそうです。コーのおかげで乗客数は増えていると、その人は言いました。
 このようにスポンサーとなってインフルエンサーに投稿を依頼することは、多くの会社にとっては新しい戦略ではありません。しかし、東南アジアでは最近採択され始めた方法です。アメリカの広告代理店オグルヴィ&メイザーによると、インフルエンサーによるマーケティングは、今やタイで使われている会社のソーシャルメディア広告の30〜40%を占めており、3年前の15%と比較して増加しています。
 東南アジアでのファッションや旅行雑誌の流通は中国や日本よりも低い一方、スマートフォン所持者の増加がオンラインやソーシャルメディアへのアクセス人口を増やしています。イギリスの広告代理店ウィー・アー・ソーシャルによると、ブルネイ、シンガポール、マレーシア、タイ、そしてフィリピンの人々へのソーシャルメディアの浸透率は50%を超えています。企業はこの傾向が、ショッピングをする時に友人のおすすめを聞きたいという願望と相まって、スポンサー付きコンテンツを東南アジアでの有力な宣伝ツールにしてくれると見込んでいます。

<ライフスタイルブランド>
 ソーシャルメディア・インフルエンサーとそのフォロワーは、共通の好みと価値観で繋がっています。東南アジア諸国連合のライフスタイルの動向を調査している、博報堂生活総合研究所アセアン所長の帆刈 吾郎(ほかり ごろう)によると、広告主が投稿のスポンサーとなるとブランドに関するコンテンツを広告主がコントロールしづらくなる一方で、投稿者のファンに対する影響力と信用性に入り込み、商品やサービスに対する「親しみの感情」を持たせることができるそうです。
 したがって、スポンサー付き投稿は狭い販売対象を正確に狙う方法であり、化粧品やファッション、食品を宣伝するには特に有効な戦略です。例えば、資生堂はスポンサーコンテンツを用いたキャンペーンによって、スキンケア製品ラインの「専科」を、1年強でタイの洗顔料市場の12位から5位に押し上げることができました。フランスの化粧品メーカーのロレアルは、メイクアップのチュートリアルなどのコンテンツで世界中のインフルエンサーと連携し、ロレアルのウェブサイトと、コラボしたインフルエンサーのソーシャルメディアフィードの両方で閲覧できるようにしています。
 インフルエンサーの出来事として宣伝するこの方式に、ファンや業界インサイダーは関心の高まりを露にしています。4月には、地域で最も大きなイベントの一つであるインフルエンス・アジア(アジア最大のソーシャルメディア賞)に約3,000人の観客が参加しました。ソーシャルメディアの投稿がイベントへのアクセス件数を2年前より40%高い6,200万件に押し上げた他、2015年には180人だったインフルエンサーの出席者数が、今年は252人に増えました。シンガポールのDBS銀行の親会社であるDBSグループホールディングズは、ソーシャルメディアスターが金融商品に対する若者の興味を集めてくれると見込み、このようなイベントでインフルエンサーをスカウトしようとしています。

<的確なアドバイス>
 しかし、ソーシャルメディア宣伝において信頼性を保つことは、解決しなければならない課題です。不道徳な企業が、商品の宣伝のために愛用者を装って従業員に投稿させるかもしれません。スポンサーの競合を批判するインフルエンサーが訴訟に巻き込まれることもありました。
 シンガポールは、普段の投稿との区別を明確にするよう、広告主に対して指令を出しています。スポンサー候補から独立していることを強調するアカウントも一定数あります。バンコクの男性が運営する、レストランのレビューやレシピ動画投稿フィードのスターヴィング・タイムは、レストランの宣伝内容と実際の料理のギャップを見せることに特化しています。全ての広告はこのように明確に区別されています。
 このアカウントの正直さと中立性は、130万人のフォロワー獲得に繋がりました。昨年、スターヴィング・タイムは企業として登録され、会社のブランドで約50人の従業員を雇っています。

超就職氷河期時代に大学を卒業したので、地元の中小企業の町工場しか就職先がありませんでした。あまり給料が高くない割には重労働だったので、1年働いた頃から夜間はWEBデザインの専門学校へ行き、WEBデザインのイロハを習得。町工場を3年務めた後は、上京して(といっても神奈川県川崎市ですが)今では有名なWEB制作会社に就職しました。始めは学生アルバイトと同じような待遇しかありませんでしたが、徐々に仕事が出来るようになってくると大きなクライアントを担当させてもらえるようになりました。そして海外のクライアント様(タイとシンガポールの日系企業)を担当するようになってから海外に興味が持ち始め英語を習得しました。32歳で退職し、1年間の放浪を経てタイでWEBデザイナーとして就職しました。
買い物客の心に向かう道? へのコメントはまだありません

100円ショップ キャンドゥがタイへの拡大に大きな可能性を見出す 2017-07-27

タイでの予期しないほどの大きな要求により波に乗っている日本の100円ショップの会社「キャンドゥ」は、2020年までに店舗数を現在の7店舗から100店舗ほどまでに積極的に拡大する狙いです。
キャンドゥはタイでの操業開始からたったの2年で、東南アジア市場において大成功を収めるために着々と発展しており、今年も100円ショップの売り上げを5〜10%伸ばせると予想していると、タイで唯一のキャンドゥフランチャイズ加盟店であるイーストコーストファーニテック社のアラク・サクサワット経営取締役は言います。
「フランチャイズ経営の準備が出来れば、目標達成のためにキャンドゥショップを劇的に増やせるでしょう。」
ECF社は、フランチャイズ経営のモデルを構築するため、近々主要店舗を開店する準備をしています。同社は目標である100店舗のキャンドゥショップのうち多くとも40店舗を所有し、残りはフランチャイズ加盟店として開店すると思われます。
「タイの市場は比較的独立しており、急成長しています」とアラク氏は言います。「人口増加と経済発展により、ブランドや店舗の数が急速に増えています。」
 12億〜13億バーツ(3千5百万〜3千8百万ドル)規模のタイの「1ドルショップ」市場は、10年以上市場に参入しており、全世界で80店舗を持つ日本の大創産業によって支配されています。
「タイでは早いサービスと、モダンなデザインを持つユニークな商品が好まれるので、常に多様な製品を扱っている日本の100円ショップはタイ消費者のライフスタイルに良く合うのです」とアラク氏は言いました。
彼は、ECF社はオンライン販売プラットフォームを通じてブランド認知度を上げつつ、今年中に人口密度の高い地区に5店舗を開店すると言いました。

>日系百円均一のキャンドゥさんのホームページです。
http://www.cando-web.co.jp/

キャンドゥショップは、商品の90%を占める日本からの輸入品ラインナップと、10%を占める地元製の家庭用品を含む計6,000〜7,000種類の商品を、各60バーツ(1.7ドル)均一で販売しています。
日本製品の中で最も売れているのは、典型的なタイのお店では購入出来ない、リンゴの芯抜き器と皮むき器です。

超就職氷河期時代に大学を卒業したので、地元の中小企業の町工場しか就職先がありませんでした。あまり給料が高くない割には重労働だったので、1年働いた頃から夜間はWEBデザインの専門学校へ行き、WEBデザインのイロハを習得。町工場を3年務めた後は、上京して(といっても神奈川県川崎市ですが)今では有名なWEB制作会社に就職しました。始めは学生アルバイトと同じような待遇しかありませんでしたが、徐々に仕事が出来るようになってくると大きなクライアントを担当させてもらえるようになりました。そして海外のクライアント様(タイとシンガポールの日系企業)を担当するようになってから海外に興味が持ち始め英語を習得しました。32歳で退職し、1年間の放浪を経てタイでWEBデザイナーとして就職しました。
100円ショップ キャンドゥがタイへの拡大に大きな可能性を見出す へのコメントはまだありません