タイの芸術・文化・創造

タイで就職したWEBデザイナーの日記

屋台が無くなり、バンコクの歩道の辛みが弱くなった 2017-08-17

無秩序な首都に要求を課すための、タイ軍事政権による取り組みの新たな矛先に向いています。

最近のバンコク市職員による取り締まりは、首都の暑く湿気の多い歩道の名物となっている、タイ特有のヌードルや辛いトムヤンクンスープなどあらゆるものを売る屋台の商人たちに及んでいます。金属製の折り畳みテーブルとぐらつくプラスチック製の腰掛けがある屋台は、財布を気にする地域の人々や冒険好きな旅行者にとっての頼れる美食の場となっています。

「屋台の食べ物は生活の大部分を占めています」市の中でも最先端を行くトンロー地域で10年以上暮らしている、株式仲介人のノン・ノンティスクンさん(29)は言いました。「毎日高級なレストランで食べている人だって、屋台の食べ物はやめられませんよ。早いし、美味しいし、半分の値段もしませんから。」
 市職員は屋台の食べ物を違法の迷惑行為と認識しており、次の月曜までに立ち退くよう行商人たちに警告してきました。彼らは、立ち退きはすぐに他の地域にも広がるだろうと言っています。2014年のクーデター以降タイを治め、悪徳政治家や歩道の混雑に至るまでを排除し、タイ社会を綺麗にするよう圧力をかけてきた軍事政府によって、市職員たちは取り締まりを強いられています。
 この流れは、街の市場からビーチパラソルや値段を上げた宝くじまで全ての店に対して、時に不器用な取り締まりを行う結果となりました。目撃者は言っています、失脚した政府とその人民主義の思想を支持していた多くの貧困層が、軍事政府が支援する運動の矢面に立たされており、歩道を綺麗にする取り組みは、商人と労働者階級の客に最も強い打撃を与えるでしょうと。
 腐敗、売春、汚染、交通安全などに対するタイの取り締まりは、軍事政府によるものですが、つかの間で悪名高いものです。しかし、市の職員は乱暴に説得にあたっています。
 バンコク地区の長であり、管轄区内の歩道を空にする仕事を課されているブーンターム・フイプラサートさんは、交通の混雑や生ごみの蓄積と闘うため、屋台の商人は立ち退かされていると言います。
 取り締まりが近所の街に広がる次の月曜までに、トンローの90の商人と屋台は立ち退かなければならないと、ブーンタームさんは言いました。違反者には最高2,000バーツ(約6,620円)の罰金が科せられます。
 「ただ歩道で商売をしなければいいのです」ブーンタームさんは言いました。「歩道で物を売っている人は、場所の使用料を払っていません。今はあまりにもそういう人が多いので、私たちも社会を整理しなければならないのです。」
 事実、食べ物の商人たちは、市の職員に対して内密に毎月少額の支払いをしていると言います。このような警察や軍との結びつきのある実力者への支払いが、バンコクの無秩序な闇経済を現実にしているというのは、公然の秘密なのです。ブーンタームさんは、公式でないこのような支払いが起こっていることに気付いていなかったと話しました。
 スーチン・ワナサトルさんは、トンローの歩道で20年以上、カオカムー(豚足煮込み)を40バーツ(約130円)で売ってきました。47歳の彼は、近隣の商人と同じ額である1,000バーツ(約3,300円)の支払いを毎月続けるため、真面目に努力してきました。彼は現在、歩道の売り場から1.5キロメートル離れた場所に本当のレストランを開店する準備をしています。35,000バーツ(約11万6千円)の賃貸料は、3人の屋台商人仲間で分割して支払うつもりです。
 「この地域に常連のお客さんがいるので、私はここに留まらなければいけません」スーチンさんは言いました。「娘を学校に行かせるために、私にできることは何でもしています。彼女が卒業したら、バンコクの外に引っ越そうと思います。ここでの生活は厳しいです。」

 評論家は、政府は商人たちを援助し、政府の規制や分譲マンション、ショッピングモール、オフィスビルの再開発によって失われている、バンコクに活気を与える独特の無秩序を一部残すべきだと主張しています。
 屋台のある地区に対する運動が定着すると、旅行客はイモムシの素揚げや焼いた豚の腸、伝説的に臭いフルーツのドリアンを見かけることも無くなります。お洒落なバーやレストランが屋台のように料理をビニール袋に入れ、口を輪ゴムできつく縛って渡してくれることなど無いでしょう。
 「私は仕事を無くしたように感じていて、これから何をすれば良いかも分かりません」コーヒーを30バーツ(約99円)で販売している、39歳のウボルワッタナ・ミンクヮンさんは言いました。「トンローの賃貸料を払う余裕はありません。」
 「市の役員に、理解と援助をお願いしたんです」彼女は言いました。「みんな『ダメ、ダメ、ダメ』と言います。もう指令を受けてしまったと言うのです。」

超就職氷河期時代に大学を卒業したので、地元の中小企業の町工場しか就職先がありませんでした。あまり給料が高くない割には重労働だったので、1年働いた頃から夜間はWEBデザインの専門学校へ行き、WEBデザインのイロハを習得。町工場を3年務めた後は、上京して(といっても神奈川県川崎市ですが)今では有名なWEB制作会社に就職しました。始めは学生アルバイトと同じような待遇しかありませんでしたが、徐々に仕事が出来るようになってくると大きなクライアントを担当させてもらえるようになりました。そして海外のクライアント様(タイとシンガポールの日系企業)を担当するようになってから海外に興味が持ち始め英語を習得しました。32歳で退職し、1年間の放浪を経てタイでWEBデザイナーとして就職しました。
屋台が無くなり、バンコクの歩道の辛みが弱くなった へのコメントはまだありません

タイの地域社会は伝統芸能、食べ物で魅了する 2017-08-11

旅行者のほとんどはバンコクをショッピングの行き先として見ていますが、近隣の地区では、過去を旅しているような保存された芸術や食べ物の文化を体験することができます。
 「微笑みの国」で売っているタイは、アジアの人気旅行スポットの一つです。首都のバンコクは華やかな夜の街や高級ショッピングセンターがあることで知られていますが、それ以外の見どころも沢山あります。
 民主記念塔から徒歩5〜10分の場所にあるナンレンは、1990年代に戻ったような体験ができる、バンコク内の小さな地区です。タイの旅行代理店HiveStersは、国連開発計画とバンコク都庁と提携し、消滅の危機にあるナンレンや他のバンコクの伝統的な5地区の保存に取り組んでいます。

 「現代の若い世代の人々は、私たちの文化をあまり重要だと思っていないからか、あまり文化について気にしていません。彼らが求めているのは、西洋の技術を追いかけることです」と、ツアーガイドのチャクリット・ケントンさんは、タイ国政府観光庁とタイ航空フィリピンがスポンサーを務めるメディアゲストに話しました。
 「この世代がいなくなると、これは私たちの文化から消えてしまいます。保存するための最善の方法は、文化や習慣を次の世代に伝えていくことです。他にできることとしては、旅行者に伝えることです、旅行者は世界にそれを伝えてくれますから。」
 このあたりの目印の一つである、富裕層向けのハイエンドな映画館だったサラ・チャオエム・タニ・シネマも、ナンレンに位置しています。整備資金の不足によって’90年代前半に閉店しました。

<家庭料理、デザート>
 ナンレンの市場は、家庭の料理やタイデザートまで楽しい食の経験を提供しています。お昼時にはいつも人で溢れ返っています。
 ホンおばあちゃんの愛称で呼ばれる90代の女性はこの地区に住み、第二次世界大戦の頃からタイのデザートを作っています。彼女は現代に生きるために、今でも続けています。
 ヤシのケーキや蒸しバナナケーキ、タイタロ芋カスタードケーキなどの美味しいデザートが揃えられています。
 「それぞれのデザートの材料を準備するのには長い時間がかかります。時代を超えて、彼女はこの地区の人々に提供するためにこれを続けているのです。彼女が亡くなると、誰もこれを引き継げなくなります」ケントンさんは言います。
 ホンおばあちゃんが一番忙しいのは朝ですが、この時間帯に訪れた人は彼女がデザートを準備するのを見ることができます。
 ナンレン市場は食愛好家にとって理想郷でもあります。普通の海鮮食材、肉、野菜の他に、他でなかなか見つからない食材もここではいつでも売られています。いくつかの露店も、主にもち米とココナッツミルクで作られたタイ料理とデザートを売っています。小さなレストランやフードコートもあります。
 一部のツアーには、露店や通りでよく売られている、地域で人気のパッドタイや焼きそばの作り方講座も含まれています。

<フォークダンス>
 訪れた人は、今のタイではほとんど行われていない、チャトリという伝統的なフォークダンスを教わることができます。ダンスを学びたい人には、70代のカニャおばさんが教えてくれます。
 「私たちの伝統的なダンスは今や消えかけています。練習するのが大変なので、若い世代の人はやりたがらないのです」と、ケントンさんは言います。
 ダンサーの家庭に生まれたカニャおばさんは、若い頃からチャトリを練習してきました。彼女が住んでいる家は、100年前の彼女の先祖から引き継がれています。
 旅行者は儀式に使われていたパンプァンやタイの高級な香り粉の冠の作り方を教わることもできます。これは、タイのハーブで作られた香りの粉を宝石の粉と混ぜて作られます。
 冠は女性が髪に香りを付けるためのアクセサリーとしても使うことができます。
 「この慣習は、どのようにやるのかを誰も知らないので、消えかけています」ケントンさんは言いました。

<芸術愛好家向け>
 ナンレン外のバンコクの魅力として、芸術を愛する人が絶対に逃してはいけないのが、華やかな内装を持つ新古典主義のルネッサンス様式の建造物、アナンタサマーコム宮殿です。金やその他の高級な材料で作られた洗練された芸術品の数々が、チャクリー王朝を描いた壁画と共に展示されています。
 ラーマ国王の時代である1900年代前期には迎賓館として使われていましたが、現在は美術館となっています。
 館内での写真撮影は禁止されています。さらに厳しいドレスコードが設けられています。ビーチサンダル、ショートパンツ、ダメージジーンズやノースリーブシャツは禁止です。

超就職氷河期時代に大学を卒業したので、地元の中小企業の町工場しか就職先がありませんでした。あまり給料が高くない割には重労働だったので、1年働いた頃から夜間はWEBデザインの専門学校へ行き、WEBデザインのイロハを習得。町工場を3年務めた後は、上京して(といっても神奈川県川崎市ですが)今では有名なWEB制作会社に就職しました。始めは学生アルバイトと同じような待遇しかありませんでしたが、徐々に仕事が出来るようになってくると大きなクライアントを担当させてもらえるようになりました。そして海外のクライアント様(タイとシンガポールの日系企業)を担当するようになってから海外に興味が持ち始め英語を習得しました。32歳で退職し、1年間の放浪を経てタイでWEBデザイナーとして就職しました。
タイの地域社会は伝統芸能、食べ物で魅了する へのコメントはまだありません

スパイシーなインスタント麺に対するタイの熱狂 2017-07-22

ミッチ・タナラットさん(25)は2013年に初めて日本に留学に行った際、スーツケースにママー インスタント麺を詰めて持って行きました。
 彼女は4年経った今でも、東京に行く際には毎回、有名なタイのヌードルを荷物に詰めるでしょう。日本の即席麺と比べて辛い「ママー」のヌードルが好きなのだそうです。お気に入りの味はイェン・ター・フォー ビーフンとのことです。
 ミッチさんのように海外留学でタイを離れる若い学生は、食べ慣れた物が恋しくなった時のために、インスタント麺を用意して行くようです。他のタイからの海外移住者は、インスタント麺を海外のアジアンストアで買うのだとか。
 「日本で即席麺を買うと高いんです」ミッチさんは言います。ストックが無くなると、彼女は日本に旅行に来る友達に彼女の分を持ってきてもらうよう頼むそうです。
決して大げさではなく、タイ人は地元のインスタント麺を愛しているのです。2013年のアンケートでは、タイ人1人につき1年に平均43パックのインスタント麺を食べていることが分かりました。
「ママー」は主要なブランドで、市場の50%以上を占めています。「ワイワイ」も国内では有名なインスタント麺ブランドです。
そしてグローバル化に伴い、故郷の味を懐かしがる海外移住者のために、今ではママーヌードルのような商品が海外でも手に入るようになっています。
ママーを製造しているタイ・プレジデントフーズ株式会社は、ヌードルを輸出し、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカや、他のアジア地域の小売チェーンを介して流通させています。
2011年にタイで起こった大洪水の際には、新鮮な食べ物を調達出来なくなった集落の空腹を和らげるために、インスタント麺が一役買いました。ママーヌードルの60グラムパックはたった6バーツで販売されているので、非常に求めやすいのです。

麺メーカーが高コストな製造法に切り替えられないよう、政府がヌードルの価格を規制しています。
「他に何なら6バーツで買えるでしょうか。小さいボトル入りの水ですらもっと高いですよ」タイ・プレジデントフーズのチャンポル・テミヤサチット研究開発部長代理は言いました。
ママーヌードルは、行商人やレストランでも料理に使われています。ヤム・ママー(ママーヌードルのサラダ)やパッド・ママー、古き良き焼きママーヌードルなどがあります。
旅行者がこれほど辛いインスタント麺があることを知り、驚くこともしばしばです。
チュラーロンコーン大学の近くにあるレストラン ジェ・オー・チュラーには、イカとエビが山盛りの名物料理、ママー トムヤムシーフードを食べるため、地元の人も旅行者も詰めかけます。
ところが、一日に4,000ミリグラム以上のナトリウムを摂取するタイ人の生活を健康的に改善するため、政府が麺市場に対しても取り組みを講じています。タイ人のナトリウム摂取量は、世界保健機関が推奨する一日に2,000ミリグラムもしくは小さじ一杯未満の量の、2倍以上にあたります。
タイ王国保健省は、ナトリウムの過剰摂取は危険であり、高血圧や糖尿病、心臓病、腎臓病、がんなど多くの病気の原因になると警告しています。
タイ国食品医薬品承認局(FDA)は3月に関連機関と会談し、主に冷凍食品と香辛料の製造におけるナトリウムの使用量を制限することで合意しました。
健康的な選択のための計画の下、インスタント麺50グラム中に1グラムのナトリウムしか使用することが出来なくなりました。60グラムのママーヌードルには1.61グラムのナトリウムが含まれています。タイ・プレジデントフーズのようなメーカーは、この計画と、レシピを変えることによる味の変化で顧客を失うかもしれない恐怖との間で、板挟みになっています。
チャンポル氏は、メーカーがレシピを変える必要に迫られれば、最終的にヌードルの価格は上がるかもしれないと言います。ママーの健康的な商品が市場に登場したとしても、以前の人気は保てず、値段も高くなるかもしれません。
「私たちには2つ考えなければならないことがあります。お客様が求める味を作ることと、価格です」と彼は言いました。
しかし彼は、メーカーはFDAの新規制の下ではどうすることも出来ないと付け加えました。会社では数年前にグルタミン酸使用量を減らしたレシピの開発に着手したものの、後回しになっているそうです。
「市場が健康志向に傾いていくのであれば、私たちも対応していかなければなりません」彼はそう話しました。
ミッチさんのようなヌードル愛好家にとってはタイのインスタント麺はすでに暮らしの一部であり、近い将来その味が無くなるなど信じ難いようです。
「いずれにせよ頻繁に食べず、寒い時や故郷が恋しくなった時にだけ食べます」彼女は言いました。

超就職氷河期時代に大学を卒業したので、地元の中小企業の町工場しか就職先がありませんでした。あまり給料が高くない割には重労働だったので、1年働いた頃から夜間はWEBデザインの専門学校へ行き、WEBデザインのイロハを習得。町工場を3年務めた後は、上京して(といっても神奈川県川崎市ですが)今では有名なWEB制作会社に就職しました。始めは学生アルバイトと同じような待遇しかありませんでしたが、徐々に仕事が出来るようになってくると大きなクライアントを担当させてもらえるようになりました。そして海外のクライアント様(タイとシンガポールの日系企業)を担当するようになってから海外に興味が持ち始め英語を習得しました。32歳で退職し、1年間の放浪を経てタイでWEBデザイナーとして就職しました。
スパイシーなインスタント麺に対するタイの熱狂 へのコメントはまだありません